いらっしゃいませ ゲストさん

トップページ > 音響機器 > スピーカー > BGMスピーカーシステム

トップページ > 音響機器 > スピーカー

トップページ > 音響機器 > スピーカー > 天井スピーカー

トップページ > TOA > スピーカー > BGMスピーカーシステム

トップページ > TOA > スピーカー > 天井スピーカー

TOA BGM用天井埋込スピーカー PC-2361

TOA BGM用天井埋込スピーカー PC-2361 16cmダブルコーン 6W ハイインピーダンス/ローインピーダンス

スピーカーユニットと前面ネット、取付金具が一体型の金属製天井埋込型スピーカーです。音質を重視した設計で、店舗などのBGM用途に適しています。スプリングクランプ方式により、スピーカーを簡単に天井に取り付けることができます。

入力変更は、トランスタップを差し換えることで簡単に行えます。また、ローインピーダンス(8 Ω)にも対応できます。スピーカー端子台は、プッシュイン式になっており、接続が簡単で送り配線にも対応できます。

PC-2361の仕様

定格入力
6 W
定格インピーダンス
ローインピーダンス:8 Ω(6 W)
ハイインピーダンス100系:1.7 kΩ(6 W),3.3 kΩ(3 W),6.7 kΩ(1.5 W),13 kΩ(0.8 W)
出力音圧レベル
93 dB(1 W,1 m)(500 Hz〜5 kHz,ピンクノイズ時)
周波数特性
45 Hz〜20 kHz(ピーク −20 dB時)
使用スピーカー
16 cmダブルコーン型
スピーカー種別
6 W,3W,1.5W時:L級(消防法施行規則 音声警報音第2シグナルでの測定で92 dB(A)以上)
0.8 W時:M級(消防法施行規則 音声警報音第2シグナルでの測定で87 dB(A)以上)
取付穴寸法
φ200±3 mm(天井板厚:5〜25 mm)
スピーカーパネル取付方法
スプリングクランプ方式
適用電線
600 Vビニル絶縁電線(IV線,HIV線)
単線(銅線):φ0.8〜φ1.2 mm
より線(7心銅線):0.75〜1.25 mu
配線方式
ワンタッチ式差し込み型コネクター(送り端子 2分岐タイプ)
使用温度範囲
−10 ℃〜+50 ℃
仕上
フレーム:表面処理鋼板 オフホワイト(マンセル5Y9/0.5近似色) 塗装
パンチングネット:表面処理鋼板 オフホワイト(マンセル5Y9/0.5近似色) 塗装
寸法
φ230×78.3(D) mm
質量
760 g
付属品
型紙…1,ファストン端子付リード線(黒色)…1

関連商品

  • PC-1861 BGM用スピーカー 12cmコーン 6W
  • PC-2361 BGM用スピーカー 16cmダブルコーン 6W
  • PC-2851 BGM用スピーカー 20cm同軸コーン 15W
  • BG-M130 BGM用アンプ 2U 30W

 

PC-2361 TOA 天井埋込型スピーカーBGM用 6W  L級 M級 納得価格

TOA(トーア・ティーオーエー)の音響設備PC-2361 TOA 天井埋込型スピーカーBGM用 6W L級 M級 納得価格

  • 取寄品

6W L級 M級
【期間限定特価品】

● 納期延滞のお知らせ

この商品は、今現在、メーカー在庫無しとなっております。
生産上がり予定が2015年5月下旬となっております。ご注文の際は納期にご注意下さい。

● 商品のご購入につきまして

この商品は、電池屋本館でご購入頂けます。
お手数おかけ致しますが、下記のリンク先でご購入くださいますよう、宜しくお願い致します。

ご購入はコチラから → PC-2361

定価(税抜)9,400円
当店限定価格5,264円(消費税込:5,685円)

●原則、お客さま都合による発送後のキャンセルや返品はお受けできません。ご了承下さい。詳しくは、キャンセル・返品ついてをお読み下さい。

TOA製品のお問合せはメーカーへ
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

ハイインピーダンスとローインピーダンスの違い

スピーカーやアンプには、非常放送などに使われるハイインピーダンス仕様のものと、一般オーディオのローインピーダンス仕様のものが有ります。特に、店内BGM用を想定されている方は、通常のiPOD用などローインピーダンスのアンプに、ハイインピーダンスのスピーカーは付きません。

方式
使用
場所
特色
ハイインピーダンス出力 拡声用
非常放送用
●1台のアンプに沢山のスピーカーを接続する(奇数個の接続も可能)
●アンプとスピーカーの距離が長い
●アンプの出力インピーダンス(交流抵抗、別途解説)値が100Ω(100W)、1KΩ(10W)と高い
●非常用放送設備の場合はハイインピーダンス方式が義務づけされている
●配線によるパワーロスが少ないので配線長を長くできる
●スピーカーの入力接続を変えるとスピーカーW数の変更、接続個数の変更に簡単に対応できる
●配線の接地抵抗の影響が少ないので、出力型の発振が起きにくい
ローインピーダンス出力

一般オーディオ用
車載用
サウンド用

●1台のアンプにスピーカーを1個か2個、4個しか接続しない(原則的には同じスピーカーを使用)
●アンプとスピーカーの距離が短い(20m程度)
●アンプの出力インピーダンス(交流抵抗、別途解説)値が4Ωや8Ω、16Ωと低い
●配線が簡単
●配線が太ければ配線材による音質劣化が少ない